パウル・クレー展

今日は、仕事の勉強を兼ねて、バウハウスの講師をしていた『パウル・クレー』展が本日最終日と言う事で、最近なかなか休んでなかったのもあり、静岡県立美術館へ行ってきました。
パウル・クレー展を一巡りした後、ロダンのブロンズ像が展示されたコーナーがあり、カレーの市民、地獄の門、考える人を初めて見た家内は、感動していました。
また、色々な勉強を兼ねて美術館に足を運びたいと思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です