レシピと材料と料理人

家は、同じ材料を使っても、職人さんによって出来上がりが違ってくるんですよ。
工務店向けの講習会で、講師の先生が言いました。


良い材料を使っても、職人さんの腕によって出来上がりに違いが出てしまうのは、料理に例えられる事があります。
確かにその通りで、同じ断熱材を使っても、施工の良しあしによって、断熱性能に違いが出てしまう様な事もあります。
でも、いくら腕の良い職人さんが、良い材料を使っても、レシピを間違えてしまうと、おいしく出来上がりません。
家づくりも同じで、仮に天竜の杉をふんだんに使い、腕の良い職人さんが作ったとしても、レシピ=設計図が耐震性について不足があったとすると、ただの「天竜杉の家」になってしまいます。
これは、腕の良い料理人が高級食材を使って料理を作っても、絶対入ってなければいけない調味料がレシピから抜けている様なものかもしれません。
でも、料理は職人さんの経験と勘で、味付けを変えられる事ができるのかもしれませんが、現在の建築は申請した設計図書からそう簡単には、変更できません。
家づくりは、良いレシピと職人さんのていねいな仕事によって、決まってしまう事がありますので、設計・施工・管理ってのは、とても大事なんです。

Follow me!

レシピと材料と料理人” に対して 2 件のコメントがあります

  1. masakazu より:

    SECRET: 0
    PASS: 75eb6e19b11f4bed64205df1004ae160
    ありきたりの材料でも、料理人の感性と腕でいい料理になりますものね。
    建築もその都度その都度作っていく一品生産。同じレシピ(設計図)でも作り手の質によって大きく左右されると思います。

  2. noko より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは
    作り手によって、良い味にしよう!ってところが、作り手の心意気ですよね。
    レシピを最高においしい料理にするために、努力し続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です