夏の暑さ対策 緑のカーテン①

昨年の夏も暑かったですが、うちの事務所では今年も例年通りゴーヤで緑のカーテンをつくり、節電兼夏の暑さ対策をします!
すだれやよしずなども、ありますが緑のカーテンはツルが伸びるまでに時間がかかるので、早めに準備します。
緑のカーテンをする事によって、
①日陰をつくり窓から室内に取り込まれる熱が減るので、室内が暑くなりにくく、冷房を掛けた時の効率がアップする②目隠しになるので、視線を気にせずに窓を開けられ、植物の蒸散作用によって、涼しくなります。


緑のカーテンに良く使われるのは、つるのある植物で、ゴーヤ(ニガウリ)、へちま、朝顔、ひょうたんなどなど、沢山あります。
それぞれ特徴がありますが、「暑さ対策だけの為!」より何か楽しみながらできた方が、毎日水を与えるのにも気持ちが入りますし、長続きすると思います。
僕の場合は、「食べられる物を育てる!」
それが、暑さ対策+αの楽しみです!


まず、タネの準備!
去年のゴーヤから種を拾ったものもありますが、一般的にホームセンターなどで購入もありますが、
中部電力さんでは、緑のカーテンキャンペーンが行われており、インターネット、ハガキでの応募で「アサガオ」か「ニガウリ」のタネがもらえます。応募の締め切りが5月31日なのと、数量限定だそうです。
袋井市民の方は、袋井市役所で毎年植物の種を配布しています。
「植物の種を差し上げます」
種の種類は、朝顔、風船かずら、千成ひょうたん、へちま、ニガウリ、きゅうりの6種類。1人各種1袋まで(なくなり次第、配布終了)
今年は5月16日(月)から袋井市役所3階環境政策課窓口、 浅羽支所1階市民サービス課窓口で配布されます。環境政策課さんのお話によりますと、毎年大人気ですぐに無くなってしまうそうです。
2011-05-07 06.57.33 ←中部電力さんでもらったゴーヤの種です。
袋を開けると、中にはこんな形の種が…
2011-05-07 07.05.08
小学校の頃の夏休みの自由研究で朝顔を育てた経験があると思いますが、その時と同じようにタネを一晩くらい水に浸してください。
2011-05-07 07.08.19
つづきます。
天竜杉を活かし、伝統技術を融合した地震に強く、住む人と地球にやさしい住まいづくりの大工工務店
有限会社小坂建築
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
E-mail:info@kosaka.ne.jp

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です