「地域文化財専門家」育成研修【昨年度欠席分】に参加してきました

今日は昨年度参加した「地域文化財専門家」育成研修 の 昨年度欠席分に参加してきました。
年間を通して7回の講義があるのですが、昨年度諸事情で欠席してしまった講習がありましたが、今年度欠席した講義を受講する事で、修了証をいただけ、また静岡県教育委員会の「文化財建造物監理士」講習を受講する資格が得られます。
今日は、「文化財建造物の活用の意義」の内容で名古屋大学の 西澤泰彦先生のお話
「文化財建造物とは何か」からはじまり、評価、価値、などでしたが、先生の話がとてもおもしろく?とても勉強になりました。
続いて、受講生の宿題として地元にある文化財建造物になりそうな写真を撮ってきたものをみんなの前で発表の時間がありました。
火の見櫓を発表された方がいて、地域によって多く残る地域あったりや形状が違ったりと楽しかったです。
自分は、昨年、近くにある立派な長屋門や、安政の地震を乗り越えた町家を調べましたが、時間を重ね回数を重ねれば、また視点が変わってくる気がしました。
まだまだ、地域には文化財になりえる建物がいっぱいありますね。
昨年度の欠席分が2回ほどあります。
しっかりと出席し、無事終了できるようにがんばります。

Follow me!

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です