6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた④

今日も続いて、6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた④です。
エコな住まい=”太陽光発電が載ってる家”と思う人も結構多いんじゃないかなと思う今日この頃。
確かに太陽光発電を付けると、ついてない家と比べると、
 (家で使うエネルギー) - (発電したエネルギー) になるので、本当に必要なエネルギーとしては、省エネになります。
しか~し!
 (家で使うエネルギー)が大きい場合(省エネ対策していない住まい)と、 (家で使うエネルギー)が小さい場合(省エネ対策した住まい)で、同じ発電量の太陽光発電を乗せた場合。省エネ対策してある家の方が、太陽発電分のエネルギーが残ります。
家で使うエネルギーより太陽光発電の方が大きければ、売れますが、売れる量が増えます。
よって、太陽光発電を付けるにあたって、建物の省エネと高効率の設備をしないと、あまりおいしい話にはなりません!と言う事です。
続く…

Follow me!

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です