6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた⑪

こんにちは。
「6月は、環境玄関です。住まいでの省エネを考えてみた」シリーズ(謎)が続きます。
今日は、住宅の省エネの中締めをしてみます。私論なので、お手柔らかにお願いします(汗)
環境に優しい住まいは、
最低で次世代省エネ基準をクリアさせる事が第1番目、その中で、正しい設計、正しい施工が大事と言う事。
2番目に、高効率機械を選ぶこと、給湯器類なら、ガスならエコジョーズ、電気ならエコキュートなどヒートポンプ。照明も蛍光灯やLED電球。エアコンも省エネタイプの高効率のものを選ぶ。その他家電も、効率の良い物を使うと電気代がグッと下がります。他にも、設定や使い方も大事です。
3番目にやっと、創エネルギー。太陽光発電などが来ます。
と言うことを半月かけて書きました(疲)
で、ここからもっと深~い話に入っていきます。
続く…。のか?

Follow me!

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です