欅の屋台を見てきました。

少し前になりますが、森町の某工房まで引渡し直前の屋台を見に行ってきました。

当日は土曜日で、キリになり会社に戻ってきたので、社長である父親と、お祭りが好きな義兄との三人で工房へ…。

 

一部?で話題になっている屋台と言う事で、欅に生漆、金物をほとんど使っていない木組みの伝統技術を活かした組み方、立川流の彫刻が入った素晴らしい屋台でした。

この近隣地域の屋台は、檜に黒漆をかけた物が多いので、すごく新鮮な感じです。

 

義兄は、屋台の廻りをグルグル回りながら、穴の開くくらいにジーっと見ていました。

 

僕は、時間のある時に寄って見せてもらっていましたが、完成して御簾がついてから初めてで、全体的に派手ではなくすごく落ち着いた中に、今にも動き出しそうな彫り物が目を引きます。

彫刻も、小国神社で展示会が開催され、目にされた方も多かったと思います。

 

僕が、ちょくちょく見せてもらっていたと言うのは、実はこの工房の大工さんは僕の叔父で、父の弟なんです(汗)

 

13日に無事引渡しを終え、今月末には地域でお披露目があるそうですので叔父の晴れ舞台を見に行こうかなと思ってます。

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です