12月は「地球温暖化防止月間」です-2014③

前回の続きです。

寒くなって来たので、暖房をつけます。水が冷たくなってきたので、顔を洗うとき、ひげを剃るとき、帰ってきて手を洗うときにもお湯を使ってしまいます(汗)家に帰って、思いついた事を忘れないようにちょこっとブログなどを書いてると、お風呂が温くなってしまってお湯を足したりしてしまいます(汗)

 

暖房はアパートですので、狭い部屋に家族身を寄せ合って暮らしていますので、一部屋だけ暖房なのでその辺はいいとして、子供なのか嫁様なのが知らない間に温度設定が少し高めになっています。気づくと下げますが、イタチごっこです(汗)

洗面所では、う~ん(悩)寒くて水にできません(涙)。子供は僕がお湯を使っている時に手を洗いに来たとき、冷たい方がいいらしく、水にします。きっと慣れなんでしょう。

お風呂ですが、ここは仕事を置いても短い時間にまとめて入る事ができれば、そうしないといけませんね。

 

こんな感じで、振り返ると、いくつか対策できそうな事がありそうです。


 

 

 

よく聞く話が、努力をしているんだけど、光熱費が下がらない…。冬は節約しすぎて寒くて…エアコンを止めるから暑くてたまらない…。などあります。

他の家庭と比べて、使っているエネルギーが少ないけれど、そこを抑えるのは、ガマンだけだと思います。

寒いのを我慢して、風邪をひいてもいけませんし、学校や会社を休んでしまったら、元も子もありません!

夏暑いのを我慢して睡眠不足になってもしょうがないですし、熱中症で救急車で運ばれたりしたなんて、もっての他です!!

 

そんなときは、生活パターンを振り返ってみることが大事だと思います。自分自身でわからないことも多いので、環境省で進める「うちエコ診断」を受けるのも、一つの方法です。

寒い暑いと光熱費の関係は、エアコン、暖房器などの設備の買い換えで済む場合と、住まいをちょっと省エネ対策しないといけない場合があります。

こんな時には、平成25年省エネ基準の講習会が各地で行われていますので、その講習会に参加した工務店や設計事務所に相談するのが、いいかと思います…。

 

続きます。


小坂建築では、ただいま「断熱住宅の体感会」と「省エネ相談会」を開催中です。

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です