20年目の1月17日

2015年の今日、1月17日は1995年1月17日に発生した阪神大震災から20年目にあたる日でした。

昨年も、一昨年も書きましたが、その当日、地震が起きる前に目が覚め、その後、静岡でも大きな揺れを感じ、しばらくしてテレビをつけると、阪神地方で大きな地震が起こった事が流れていて、その日は現場に行き、休憩時間毎に、トラックのラジオをつけて、火が燃え広がり被害の大きさ、死亡者の人数が増えていくのを聞いていました、帰宅して、テレビを点けると街が破壊され、燃えている様子ばかりが流れていました。

20年たちますが、今でも覚えています。

この地震をきっかけに、木構造を深く勉き強するようになり、お師匠さんと知り合う事になりました。

今年は、20年目ですが、20年経ったから…と言うわけでなく、建築に関わる者としてあの地震の事を忘れてはいけないと思っています。

気を引き締めなおして、新築・リフォームにかかわらず、自然災害による被害が小さくなる住まい作りに邁進していきます。

 

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です