日中の暑さ対策と省エネと健康(20150800)

前回と変わって、日中の暑さ対策についてです。

うちの奥様が、夏期の長期休暇の前の調整?の変則な勤務で、木金休み。

保育園も休みですが、子供も夏風邪をひいてしまったので、大事を取って、おうちの中での休息日。

 

そんなアパートで日中での、暑さ対策と省エネと健康を考えてみました。

 

①まず、エアコンのスイッチON!!

窓を開けても、風は通りますがここ数日の暑さ。猛暑とはいきませんが日中、リビングに置いてある温度計は33℃を示しますので、ガマンをせずにエアコンを点けた方がいいよ!と言ってきました。もちろん温度設定は、あまり下げ過ぎないようにも話しました。

②ついでに、扇風機もON!

みなさんご存じのエアコン+扇風機(サーキュレーター)です。設定温度を低くしたエアコンだけより、設定温度を上げて扇風機を回す方が省エネ。

 

まあ、これだけです(笑)でも、エアコンで涼しくなっても、水分補給は忘れないようにしないといけません。

 

でも、実はここからも重要です。

冷房をかけているので、部屋をあたためないようにすることが大事です。

夏、建物の中を暑くする大きな原因が外の暑さです。外気の熱さや、日差しによる熱さですが、これを取り入れない様にすることが重要です。

外から屋根や外壁を通して熱が入ってきますが、新築やリフォームなら断熱材を適宜入れる事ができますが、うちは賃貸アパートなのでムリです(涙)

窓からも熱や日射が入ってきます。現在ついている複層ガラスをより断熱性能が良いガラスに変更はできないので、日差しを遮ることが大事です。

日射を遮る方法として、みなさんご存知の「緑のカーテン」やすだれ、よしず等から、ガラスに張る日射を遮蔽するシートなどがありますが、ベランダに洗濯物を干さないといけないので、緑のカーテンはムリ(涙)スダレやよしずも引っ掛けるところがありません。

本当なら、窓の外で日射を遮るのが良いのですが、アパートなので、カーテンで家の中に入ってくる日射による熱を少しでも減らす努力をします。

これだけでも、だいぶ違います。

続きます。

Follow me!

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です