情報!情報?-②

8月28日に書きました、情報!情報?の続きと言うか、追加です。

 

少し前のことですが、あるテレビ番組で「コンセントの穴には長いほうと短いほうがあって、それぞれがプラスとマイナスなんです」(うろ覚えでスミマセン)と言っていました。

コンセントプレートその番組を見た母親が「この前、テレビ見てたらコンセントってプラス・マイナスがあるんだってね」と言ってました。

 

母親は電気や機械が苦手。その他の知っている事なら「あれは違うよね」と言うんですが、電気や機械に関してテレビで見た情報は、信じてしまいそうになる事があります(怖)

 

乾電池や車のバッテリーは直流なのでプラスマイナスがありますが、家庭のコンセントの電源は交流なのでプラスマイナスは、ありません。
プラスマイナスがあるんだったら、電卓に電池を入れるときの様にプラスとマイナスを気になきゃいけないですし、逆にしてしまったら動かない場合も出てきます。

でも、コンセントの穴の大きい方が接地側ですよ!ってのはあります。
既にご存じかと思いますが、オーディオ機器などは極性によって音質が変わると言われています。

 

僕は、一応ですが「電気工事士」の免許を持ってます。30年くらい前の高校の時に取ったので「電気工事士」ですが、今だと「第二種電気工事士」になるんでしょうか?ほぼほぼ使っていない資格なのですが、コンセントの事は少しは、わかります(謎)

 

前のエントリーには、立場によって情報が違う事を書きましたが、みんなが信じているテレビですら間違った情報を発信する事もあります。
今まで知らなかったことを、テレビや新聞などで見たりすれば、ほぼ信じてしまうと思います。

僕も新しい材料等を採用する前には、情報収集と検討に結構な時間を掛けます。

こう思うと、立場や金額の大きさが違いますが、新築やリフォームを検討されている建て主さんは、情報収集や情報が集まっても量の多さにどれを取捨選択するのか、大変だなと思います。

TVCMやオリコミチラシでよく見かけるハウスメーカーさんや大手ビルダーさんもありますが、ちょっと情報発信が苦手ですが、実際に住まいづくりに携わっている大工や職人がいる地域工務店で情報を仕入れるのも一つの方法かもしれません。

 

おしまい

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です