建物見学(いろいろ見てきました)(20150927)

静岡浅間神社 駿府公園東御門・巽櫓などなどの沢山の見学です。

先週に引き続き二週続いて、建物見学してきました。
テレビCMで、家康公四百年祭「駿府天下泰平まつり」が静岡の駿府公園で今週末まで開催されている事を知り、現在開催中の「静岡浅間神社を彩る彫刻世界」の見学も一緒に、家族サービスを兼ねて静岡へ…。

朝、自宅を出て高速道路を東に走り、県庁近くの駐車場に停め駿府公園へ。
県庁の近くを通りましたが、静岡県庁本館も国指定の登録有形文化財ですね。

駿府公園では、駿府天下泰平まつりが開催されて、B-1グランプリ出展のコーナーがあったり、ステージではいろいろなイベントが催されていました。子供も疲れてきたので、ベンチに座って一休みしている間、急いで東御門へ。

駿府城東御門

 

 

普段は、見学有料の巽櫓が今回のイベント期間中は無料との事。次から次へひっきりなしです。

 

 

駿府城鯱

 

中に入ると、色々な展示物がありました。駿府城のシャチホコや瓦など撮影OKの物も結構ありました。子供と奥さんが待っていたので、駆け足の見学でしたが、満喫できました。

(撮影OKだった鯱です)

 

 

坤櫓も見学無料でしたが、今回はパスです(涙)

駿府公園を後にして、静岡浅間神社へ。こちらは国指定重要文化財になっています。

201509271322

 

 

 

静岡浅間神社の楼門。
静岡浅間神社今年の春にも、静岡浅間神社に来ましたが、何度見ても建物・彫刻ともに立派です。

 

 

 

お参りを終えた後、また疲れて休憩している奥さんと子供を置いて、静岡浅間神社の境内にある「静岡市文化財資料館」で開催されている「浅間神社を彩る彫刻世界」を見学してきました。
展示されている二階へ上がると、徳川家康の銅像に圧倒されました。こちらは、撮影OKです。

徳川家康像

神社に残っている書物から、彫刻の実物、県内初公開の彫刻の下絵など展示されていました。g立川流一門の彫刻は、昨年叔父達が手掛けさせてもらった屋台の彫刻は、先日「六代目立川流棟梁」を襲名された「立川芳郎尚冨」氏のもので、屋台に嵌め込んだばかりのタイミングで見学させてもらい、間近に見せてもらいましたが、古いもので、極彩色に塗られた彫刻を間近で見られるまたとない機会で、とてもよかったです。

入館料は一般が200円で、とても安く、数量に限りがあるそうですが、下絵の写真があるポストカードを入場記念にもらいました。10月25日(日)までの企画展だそうです。

木造住宅専門ですが、神社仏閣など堂宮大工の手掛けた建物は目の保養になります。
家族サービスと言いつつも、建物見学ばかりに付き合ってくれる家族に感謝です。

おしまい。

 

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です