工務店の多様性

国民の祝日の今日は、敷居や鴨居など、建具の枠周りの材料の加工を作業場で行っていました。

小坂建築へ仕事を依頼していただくお施主様や建築士さんは、売られている材料を現場へ運び込み、取り付けるタイプの家作りでは無く、木材を大工職人が現場に合わせて加工した物を組み上げる家作りを求めている方が多いので、現場作業だけでなく、作業場での仕事もけっこうあります。

その加工も順調に終わり、鑿(ノミ)の手入れを行いました。

今の現場は、設計事務所さんのお仕事なのですが、最近はめっきり見掛けなくなりましたが、竹を編んだ下地の土壁の建物です。土壁の土がどうしても柱等についてしまっている為、その柱に穴を掘ったりする鑿(ノミ)の切れ味がすぐに悪くなってしまうので、こまめに研いでいるのですが、大きく刃が欠けてしまった物もあったので、昨年末に手入れをしたばかりでしたが、欠けた部分を直し、研ぎました。

現場で、道具を使って仕事を進める影には、現場で仕事をするための、道具の手入れは欠かせません。

 


小坂建築では、上記のような大工が構造材を墨付けして刻んだり、枠材も大工が加工をする手作りが良いと思って、取り組んでいますが、工務店毎に色々な考え方があり、工期の短縮や現場の効率化を考え、構造材や枠材の加工の分業化を行ったりしている所もあるそうです。

それによって、使う道具も違ったりします。

そんな風に工務店には多様性があります。

 

住まい造りをお考えの方は、何を基準に、どんな風に探せば良いのか、難しいんだろうなって、思います。

工務店を見付けるのには、いろんな工務店から話を聞くことをオススメします!

今回も、なんだかまとまりがつかなくなってしまいましたが、おしまいです(汗)

 

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です