電球の交換(20160406)

今のアパートに越してすぐ、白熱電球だったものを電球型の蛍光灯に交換しましたが、寿命が来たのか洗面脱衣室と浴室の二つが続けて、点かなくなりました。

LED-1

まず、最初に切れたのが洗面脱衣室。天井に付けるタイプの照明器具。

下を向けて照らすタイプなのと、口金がE26という事を控えて、電気屋さんへ…。

以前の蛍光灯を購入した時は、LEDの値段が今と比べてずっと高かった事と、数も多かったので廊下などの使用頻度の高い場所のみLEDを選択しましたが、今回は、一つだけだったこと(洗面脱衣室が先に切れた)と、LEDの値段が当時と比べて下がってきた事でLED型電球から選ぶことにしました。

LED電球のコーナーに行ってみると、さまざまな種類の商品が並んでいましたが、天井から下を照らすタイプの物がちょうど売り出し価格になっていましたので、悩まずに購入!

帰宅後に付け替えると、明るい洗面脱衣室になりました。

LED-2

 

 

 

 

 

で、次の日に奥さんが「お風呂の電気が切れちゃった!」

との事で、仕事帰りに近所の電気屋さんに、LED電球を買いに行きました。

ユニットバスの照明は、壁から生えている?タイプで、洗面所の様に上から照らすタイプでは無いので、白熱電球の様に光が広がる全方向タイプを選ぶことと、照明器具の中に入れて密封されてしまうので、密閉型器具対応の物でないといけません。

 

LED-3

洗面脱衣室の物よりちょっとお値段が高かったです。

購入して、付け替えると、こちらも明るいユニットバスになりました。

 

 

 

LED電球の選び方は、なかなか難しいのかもしれません。

電気屋さんに行って店員さんに相談するのも一つの手ですが、その前にちょっと知っておきたい…と言われる方に

環境省さんの「家庭でできる節電アクション(LED購入編)」一般社団法人日本照明工業会さんの「電球型LEDランプの正しい選び方」 や 特定非営利活動法人LED照明推進協議会さんの「LED電球の特徴と選び方のポイント」など勉強になるサイトもあるそうなので、一度見てみるのもいいと思います。

おしまい。

 

投稿者プロフィール

小坂建築三代目
小坂建築三代目(有)小坂建築 取締役
静岡県周智郡森町にある(有)小坂建築三代目
←スーツを着ていますが、普段は作業着。設計から施工と管理が担当業務。
ライフワークは地球温暖化防止活動。静岡県地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、地球温暖化レポートコミュニケーター、家庭の省エネエキスパートなど。
最近は、子供のランバイクレースの応援と昨年買ったBMXに乗ってます。好物はラーメンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です