緑のカーテン(2070707)

ゴーヤ

暑い日が続きますね。

子供の頃の梅雨のイメージは、曇り空が続き、雨が降ったりやんだりみたいな記憶がありましたが、今年は、雨が降る日が少なく晴れの日が多く、雨が降る日は、すごい沢山降ってます。温暖化の影響でおかしな天気なんでしょうね。

晴れが多いので、現在施工させていただいています、リフォーム現場も順調に進んでいます。

で、気付けば7月に入って、もう10日あまり(汗)
2017年ももう半分過ぎ去ってしまいました。

暑いといえば、例年通り事務所の緑のカーテンが順調に育っています。

昨年は、パッションフルーツだったのですが、実のならないウチに終わってしまいました(涙)

と言う事で、今年は例年通り、ゴーヤです
(今年は、父が苗を買ってきて植えて、水やりも全て行ってくれています(感謝))

6月中旬にこんな大きさだったものが…

少しづつ大きく育っています。

緑のカーテン20170709

 

まだ、日除けとしてはちょっと物足りませんけど…。

 

 

で、ゴーヤの実も少しづつ育っています。

ゴーヤ

 

 

 

 

 

事務所は狭い敷地の中、いっぱいに建ってあるので軒の出を大きく出してありません。(反面、冬は太陽の光が良く入りますので、晴れた日は結構暖かくなります)

暑い時期になると、日差しによって室温が上昇してしまうのですが、緑のカーテンやサンシェードで日射を遮り、風通しの良い窓を開けると、思ったより暑くなく、現在エアコンが故障してしまっていますが、先日来社いただいた方には、「中は結構涼しいですね」と言っていただけました。
人によって体感温度が違ったり暑さに強い弱いもありますが、今日(7月9日)もエアコンが故障した事務所内(←ここ強調)で、窓を開けて天井扇をまわして仕事しています。(腕に当っている紙が汗でシワシワってなっているのは、内緒で…)

窓も、室内より外気の方が暑い時は、窓を開けても暑いだけですし、余計に不快になったりしますし、車の通りが多かったりすると、うるさかったり、排気ガスがくさかったりと、窓を開けるのにも、状況を見ながら開け閉めしないといけない場合、場所があります。

エアコンが普段どおりに使えているときでも、サンシェードや緑のカーテンがあり・無しでは、エアコンの効きが大きく違います。それは、電気代にも大きくかかわってきます。

僕の子供の頃は、カーテンは夜閉めて、日中は開けてあるものと言う認識でしたが、色々と工夫して開け閉めするのが色々な面で効果がでると思います。

暑さ対策の掲載されたサイトもありますので、探すのも楽しいですし。、どうやったら涼しく過ごせるか、ご家族と話あったり、色々と実験してみたら面白いかと思います。

 

おしまい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です