これくらい、あれくらい(20171108)

森の祭りも終わり、朝晩が寒く感じるようになってきました。

来週から、最低気温が一桁の日もあるみたいですね。体調管理をしっかりしなきゃ!って思います。

さて、ここ最近時間を作っては、今度の日曜日(11月12日)に袋井市のメロープラザで開催される「エコフェスタ in ふくろい2017」に出展するブースの準備をしています。

メインは、「簡易うちエコ診断」なんですが…、エコイベントなのに、あまり興味を示してくださらないので、がんばって宣伝したいと思います(焦)

パリ協定で日本の約束草案の2013年度比で2030年度までに、家庭部門で、▲39.3%ですので、みんなでがんばらなきゃです!

で、子供さんや女性の方、ご家族連れにも、ブースに寄っていただけるように、数年前から行っている「カンナクズでフラワー作り」の「かんなくず」を作っています(謎)

カンナ削りをしたときに出る副産物なので、作るってのも少し不思議ですが、作っています(謎2)

フラワー作りは意外と難しいようなので、フラワー作りに加えて、リース作りも増やそう!と思っています。

グルグル巻いたり、モジャモジャを貼り付けたり…。クリスマス用なのか、お正月用なのかは、作る方次第かな?って思います。

カンナクズは、スギ、ヒノキ、ヒバ等々の国産の材料で加工場にあるものを削っていますが、スギがうまく削れたカンナでも、刃の出し具合を変えないとヒノキやヒバはうまく削れませんし、ヒノキを削れたカンナでも刃の出し具合等を変えないとスギがうまくけずれません。スギでも、木が違うと刃の出し具合も違ったりと、ちょっとわかんない状態です(汗)

昔、親方にスギとヒノキのカンナの刃の出し具合をたずねた時、実際に作業をしながら「これくらい」って言ってた事を思い出しました。「これくらいって、何だよ!(笑)」って思いますよね。

ずーっと昔勤めていた電気の会社の時、自分で設計した回路を作って調整したりしたとき、何Vで何mAに設定してから納品先に納めたりしていましたが、何V、何mAと設定する値が数字となってありましたので、上司、先輩に教えてもらうときも、わかり易く、他の人に伝えるのにも比較的楽でした。

でも、僕たち大工工務店が相手にしているものが、木と言う自然由来のものですので、樹種(スギやヒノキなど木の種類)はもちろん、産地が違えば違いますし、一本の木でも芯に近いところと、皮に近いところでは特徴も違います。またまた、季節によって延びたり縮んだりします。

だから、ここは何ミリ、あれは何ミリって言えない事があります。
失敗を繰り返して、経験を重ねて体に覚えさせて行く事が家作りに携わる人間が経験しています。

あれくらい、これくらいを積み重ねたちょっと厚くなってしまった(汗)カンナくずを用意してありますので、是非、メロープラザ内の④のブースまで、足をお運びください!

「簡易エコ診断」の受診もお願いいたします。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です