保育参加でカンナクズのクリスマスリース作り(20171130)

私事ですが、先日子供の通っている保育園の保護者の保育参加でカンナクズを使ったクリスマスリース作りをしてきました。

うちは奥さんも仕事をしているので、保育園に子供を通わせています。
運動会やクリスマス会などのイベントでの保護者の参観がありますが、一年に一回全員まとめてでは無く、保護者の保育参加と言うものがあります。
うちは今まで奥さんが参加して、お母さん先生みたいな感じで、外でみんなで鬼ごっこをしたり、読み聞かせをしたりしていたそうですが、エコフェスタinふくろいで子供に作ってもらったトコロ、意外と簡単にできるねと思ったそうで、先生に話したところ了承いただきましたが、お父さんが木を削っているトコロを見せてもらえたらいいなぁと言われたそうで、僕もほんのチョッとだけ参加してきました。

木と少しの道具を持っていき、僕が簡単に見せたところ「僕もやってみたい!」と子供たちが言ったので先生の許可をいただいて、釘を打ったり、木を切ったりを体験してもらいました。

中には上手な子もいて、先生に聞くとお父さんがDIYが好きで小物作りとかを一緒にやっているそうでした。

 

 

かんな削りをちょこっと見てもらったあと、先生が「こんな風に削って、できたカンナクズでリースをつくりまーす!」とテーブルに付いてクリスマスリースつくりがスタート。

新聞紙で作った芯に持っていった赤いスギのカンナクズと白いヒノキのカンナクズをグルグル巻いたあと、先生が用意してくれたクリスマスのイメージのリボンやボンボンを糊やテープでくっつけて完成!

みんな個性があって、赤いカンナクズだけ巻いた子もいれば、白いカンナクズだけの子、両方を使った子もいてお手伝いしている方も楽しく、アッ!と言う間の時間でした。

みんな上手にできたので、12月中旬のクリスマス会の時まで、保育園の掲示板に飾っておくそうです。

 

昔は現場でカンナを削ってる姿や、鋸で切っている姿を見掛けたけど、最近は釘を打つ玄翁の音もしないですね…と先生がおっしゃっていて、滅多に見る機会がないので良かったとおっしゃってくれました。

今回のカンナクズは、時間が無かったので機械で削ったカンナクズでした(汗)


うちの子供はエコフェスタの時も作って、友達に渡したそうですが、帰ってからもいくつか作りアパートの全部の家に配ったり、他の友達の家まで届けに行ったそうです(汗)

迷惑じゃなかったでしょうか?(汗)

段々、今年も残り少なくなり、急に寒くなりましたが、家の中でクリスマスリース作りなど、いかがでしょうか?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です