健康に暮らすための健康住宅を小坂建築は提案します。

昔の布団の宣伝に「人生の3分の1は、睡眠」みたいな言葉がありましたが、少なく見積もって睡眠=住まいの滞在時間としても、住まいは人生の3分の1を過ごす場所となります。。

よって、住まいは、疲れを癒し、明日への活力を養うところです。

①空気の話…体重50kgの人で、一日約14.400リットル、重さにして20kgの空気を吸うそうです。(空気は吸って吐きますので、20kgを丸々体に取り入れる訳ではありまえせん)いくら大食いでも一日にそんなに多く体に取り入れることはできません。
食事に関しては、私もそうですが、ミネラルウォーターを買ったり、栄養のバランスを考えて食べたり、健康に気を使う方はサプリメントを購入して飲んでいる方もいらっしゃいます。
食べ物と同じ体に取り入れる空気の質も大事です。
2003年にできたシックハウス法では、室内の化学物質を含んだ建材の量の制限、一部シロアリ駆除剤の禁止と、24時間換気扇設備の義務付けがありました。

小坂建築では、白蟻対策を炭塗料とホウ酸の自然由来のものを使い、24時間換気も法律上義務の設置だけで無く、効率よく換気できるよう全棟気密測定と風量測定を実施しています。

また、下地建材に関してはノンホルまたは、F☆☆☆☆を使い、内装材もできるだけ自然由来のものに、人の害にならない自然由来の健康塗料を使う配慮をしています。

 

②室内の温度の話…冬寒くて温度差の大きい住まいは、脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすいと言われています。外は寒いのですが、家全体を暖める北海道や東北では、暖かいと言われる静岡より脳梗塞などで倒れる人が少ないそうです。
また、現在いろいろな機関で住まいの暖かさ(=断熱性能)と病気などの因果関係が調べられ、喘息の症状の緩和や、アトピーの症状の緩和もされるそうです。

 

シックハウス対策・部屋ごとの温度差を小さくする事で温度のバリアフリー化などで、健康に暮らせる健康住宅を実現します。