小坂建築の手掛ける新築・リフォームの性能と構法・技術などを紹介いたします。


 

  •  耐震性能
      • お客様とご家族が安心・安全に暮らしていただくために、自然災害に対して被害の小さくなるような住まいづくりをしております。
      • 数百年に一度発生する地震の1.5倍の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震の1.5倍の地震力に対して損傷しない程度の住宅性能表示の耐震等級3を標準として設計しております。
  • 省エネルギー性能
      • お客様に省エネルギーに暮らしていくため、快適に暮らしていただくため、経済的に暮らしていただくため、未来の子供たちを考え地球環境を大事に暮らしていただくために、最低限、住宅性能表示の温熱対策等級4を満たす設計をしております。(現在、平成25年改正基準対応に移行しています)
      • 省エネルギー等級の表示では、お客様には、わかりにくいです。小坂建築では、お客様にわかりやすいように光熱費を金額として表示できるようエネルギーパスに取り組んでおります。
  • 劣化対策
      • 構造躯体が3世代(75年~90年)もつ程度の対策の劣化対策等級3のお住まいを標準として提案しております。
  • 維持管理対策
      • 永くお住まいいただくため、維持管理がしやすいよう、日本住宅性能表示の維持管理対策等級3を満たす住まいづくりを提案しております。

 

  • 長期優良住宅
      • 小坂建築では、上記の性能に維持管理をしっかりとした長期優良住宅にも取り組んでおります。
      • 長期優良住宅とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施行)は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。
  • 高気密高断熱