長期優良住宅とは、

平成21年に施行された「長期優良住宅の普及の促進のため法律」で、構造躯体等の劣化対策、耐震性、可変性、維持管理・更新の容易性、高齢者等対策、省エネルギー対策、一定以上の住宅規模、及び良好な景観の平成への配慮等が定められた住宅です。

すこしおおざっぱですが、下記の要件を満たした住宅です。

  • 耐震性
    • 地震に強い家で、耐震等級2以上 または、免震住宅
    • 基準法クリアより地震に強い家!と言うことです。
  • 省エネルギー性
    • 省エネルギーな家で、省エネルギー等級4
    • 現在はまだ義務化されていない断熱性能の基準がクリアされていると言うことです。
  • 維持管理性能
    • メンテナンスがしやすい家⇒維持管理等級3
    • こちらも建築基準法として義務化されていない建物を長く使うためのメンテナンスのしやすさがしっかりと考えられている建物と言うことです。
  • 劣化対策
    • 数世代にわたって、暮らせる家⇒劣化対策等級3
    • 床下が点検しやすいように330ミリ以上の空間があること。
    • こちらも建築基準法として義務化されていない建物を長く使うため劣化しにくく、使うための対策方法がしっかりと考えられている建物と言うことです。
  • 住戸面積
    • 75㎡以上かつ、1の階の床面積が40㎡以上
  • 住宅履歴情報の整備
    • 建築及び維持保全の状況に関する記録を整備して、保存すること。

本当におおざっぱですが、上記の要件を満たした住まいです。

長く使うことで、壊して出るゴミを減らし、環境にやさしく、建て替えによる費用の削減によって、経済的負担を軽減し、豊かに暮らそう!そんな住まいが長期優良住宅です。

長期優良住宅のメリット

  • 所得税の住宅ローン控除
    •  居住開始年が平成26年4月から平成31年6月であれば、控除対象限度額が一般住宅なら4,000万円のところ、長期優良住宅なら5,000万円となります。10年間の最大控除額は一般住宅なら400万円のところ、長期優良住宅なら500万円となります。
  • 所得税の投資型減税
    • 標準的な性能強化費用相当額(上限500万円)の 10%相当額を、その年の所得税額から控除できます。また、控除額がその年の所得税額を超える場合は翌年に控除できます。
  • 登録免許税優遇
    •  所有権の移転登記・保存登記の登録免許税が軽減されます。
  • 不動産取得税優遇
    • 一般住宅であれば1,200万円の控除ですが、長期優良住宅であれば1,300万円の控除となります
  • 固定資産税優遇
    •  固定資産税は、一般住宅であっても1/2に軽減されているのですが、軽減期間が3年のところを5年となります(一戸建ての場合)

などがあります

トータル的に考えると、とてもよい建物です。詳しくは、お問い合わせ、ご相談ください。