間取りのリフォームも増えています。

キッチンとダイニング、リビングをつなげてLDKキッチンにしたり、個室どうしをつなげて一つの部屋にするリフォームなどがあります。

従来、台所と食堂、居間とバラバラの部屋だったのを、LDKとして一室にする事で、お子様の様子を見ながら料理をしたり、する事ができるので、特に小さなお子様がいるご家族に好評です。
今まで、壁に向かったキッチンも、間取りリフォームをする事で、対面キッチンにしたり、食器戸棚の配置を考慮する事で、収納を増やし、家事動線を使いやすくもできます。

 

今までの子供室も、お子様が進学や就職、ご結婚などでおうちを出られ空いたままの部屋も、6帖×2部屋をつなげ、12帖の広い部屋にして、趣味の部屋にされたり、テレビを見る部屋にしたりと、間取りに手を入れることで、使い勝手のよい住まいへと生まれ変わります

 

間取りをリフォームする事は、構造である骨組みに手を入れますので、しっかりとした事前調査と耐震を含めた構造の検討が必要です。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。