お住まいの健康・省エネ・快適を向上させるリフォームです。

住まいの省エネルギー基準は、昭和55年の旧省エネ基準から、平成4年の新省エネ基準、平成11年の次世代省エネ基準と流れ、現行の平成25年改正基準と時代と共に基準が強化されてきました。
しかし、省エネ基準は任意の基準であり義務化されておりませんでしたので、平成11年以降に建築された住まいでも、次世代省エネルギー基準の住まいとは限らず

  • 冬寒い・夏暑い
  • 暖房・冷房が効きにくい
  • 冷暖房費が思ったよりかさむ
  • 暖房をかけると、頭はボーっとするくらいに部屋を暖かくしても、足元は冷たい
  • 冬暖房をかけた時、部屋ごとの温度差が大きい。(トイレに行くのがおっくうになる)

などを経験されている方も多いかと思います。

そんなお住まいの健康性・省エネ性・快適性のリフォームです。

 

  • 健康向上
    • 断熱改修を行うことにより、建物内各室の温度差が原因と言われる、冬期に多く発生するヒートショックを部屋ごとの温度差を小さくする事で減らすことを目指すリフォームです。
  • 省エネ性向上
    • 断熱改修を行うことにより、少ないエネルギーで広い空間(部屋ごとの冷暖房から、住宅内の居住範囲)を省エネ改修以前と同等もしくは、少ないエネルギーで冷暖房を行う事ができるようになります。
      また、平成25年基準を考慮した設計をする事により、給湯や照明など冷暖房以外の住まいで使用されるエネルギーを減らすことを目指します。
      これによって、お住まいの光熱費を減らし、家計にやさしいすまいへと変わります。
  • 快適性向上
    • 断熱改修を行うことにより、室内の上下の温度差が小さくなり、また、部屋ごとの温度差も小さくなり、トイレに行くときのヒヤッとする感じや、脱衣室での寒さも減らすことができます。

お住まいのご家族にとって、良いこといっぱいのリフォームです。