家族の思い出の詰まった家を住みつないで行くためには、地震災害による被害を小さくする事が大切です。

大きな地震が発生する毎に、耐震の基準が上がってきました。

昭和56年の新耐震基準ができ、平成7年の阪神淡路大震災の被害の後の平成12年にも基準法の改正が行われています。

現在、建っているすべての家は、昭和56年や平成12年の後に建築されたばかりの建物では無く、昭和56年の新耐震基準前に建築された住まいも多く残っております。
家族の思い入れのある住まいを壊して新築にするだけでなく、しっかりと耐震診断をして補強をし、住み続けることも可能です。