小坂建築は気密測定技能者従事事業所です

気密測定とは、『建物の隙間の大きさを測ること』です。

気密性が高い=隙間の小さな建物という意味になります。

在来木造軸組構法は、日本の高温多湿な夏を旨とした開放的な構造であり、気密化や換気について問題になりませんでした。
しかし、気密性の低い住宅では、冬場において隙間から冷気が侵入し、寒さや暖房機器による部分的な温度差から不快で健康上望ましくない居住環境となります。
 したがって、結露の防止や効率的な換気を行い、健康で快適な居住空間を創り出し、また建物から熱が逃げる割合を最小限にして省エネルギー化の実現のために気密性を高めることが必要になります。

小坂建築は、気密測定技能者が2名在籍する気密測定技能者従事事業所(登録1195)です。

最近では、断熱施工に関心が高まり、同業の工務店様からの依頼が増えております。

建物の気密測定にご関心、ご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お施主様、工務店様、設計事務所様問わず、お気軽にお問合せください。
気密測定風景                     気密測定器